07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

織田信長家臣人名辞典 

織田信長の家臣と言えば谷口克広氏ですが、今回、織田信長家臣人名辞典の第2版を出されました。

欲しい本なのですが、15年前の本(初版)なので新刊は望めず、かといって古書市場では2倍3倍の値段(2万円オーバー)のため、買うのに躊躇していました。
そのため小説で書くのに必要になれば、図書館で読んだり、該当箇所をコピーしたりしていました。

それが先日、と言いますか発売日当日(27日)に、歴史関係の雑誌の新刊案内に第2版の出版の記述を発見。
驚愕と歓喜で思わず叫びそうになりました(笑)。
場所が図書館だったので叫びはしませんでしたが、落ち着きがなくなって不審人物化したのは確かです(汗)。

そして昨日、垂涎の本をようやく買うことができました。
しかし、手にしても涎が落ちそうです。保存用が必要かも知れません・・・。

スポンサーサイト
2010.10.29 Fri 23:39
カテゴリ: 本・資料
comment(3) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 東京遠征とその後

屏風図三昧 »

コメント

『織田信長家臣人名辞典 第2版』
尾山晴紀先生、ご無沙汰しております。
『異説桃山戦記 三成死すべし 第1巻 』は、拝読させていただきましたが、なかなかコメントできずにおり、申し訳ありません。(^^;)
ところで、『織田信長家臣人名辞典 第2版』のご紹介をありがとうございました。
もう新刊は発行されないだろうと、あきらめておりましたが、ほんとうに待望の発刊で嬉しくなりました。
いつもは、大学の図書館で、尾山先生と同じく、必要箇所をコピーし利用させて貰っておりました。学生諸君にぜひ活用して貰いたいと思い、先程ネットで、図書館の「リクエスト図書」にリクエストしました。吉川弘文館のwebでは、次のように説明されていました。
[内容説明]初版刊行から15年、最新の研究成果を盛り込み、全面改訂した待望の第二版。信長に仕えた家臣1458人を網羅し、新収録の人名はもちろん、再録や重複などを修正した人物まで、典拠史料を徹底的に吟味し詳細に解説。豊富な史料や信長研究に役立つ膨大な参考文献を付載する。家臣の多彩な顔ぶれと、信長の人脈の全貌を知ることができる画期的辞典。
 ということで、自分用として、今し方Amazonに発注しました。到着が楽しみです。(^^)

【2010/10/30 11:51】
URL | 水野青鷺 #BaoC.tsY[ 編集 ]
水野さんへ
水野さん、お久しぶりです。

拙著の購読ありがとうございます。読んで頂けただけでうれしいです。

第2版、本当に待望の一冊ですね。
復刊でも嬉しいのに、ここ15年の研究成果をふまえた全面改訂ですから買わずにはいられませんでした。
これまで大変お世話になった辞典ですから、図書館で拝見・コピーで、とは絶対に言えません(笑)。


【2010/10/31 00:53】
URL | 尾山晴紀 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

尾山先生、先程、『織田信長家臣人名辞典 第2版』に掲載された「水野氏」につい
て簡単にアップロードしましたので、もしよろしければご覧下さい。
URLを、下に記入しました。
【2010/10/31 17:18】
URL | 水野青鷺 #BaoC.tsY[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/94-43a5a36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |