05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

資料収集 

今、資料収集に夢中になっています。

資料収集って楽しいんですよね。
知識欲(?)が満たされるというか、新しい発見や小説に使えそうなものを見つけた時なんかは特にそうです。


今は、一般書籍からいわゆる専門書・学術書、研究論文といったものに目を通しています。如何せん値段が高かったり書店で手に入りにくいものなので図書館での閲覧となります。
自分としては、こういった専門書・研究論文と新書の間の一般向けだけど専門的な本がさらに出版されれば、と常々思います。
さて、専門書を読んでいるといえば聞こえはいいですが、内実は小説に関係ありそうな話題だけをピックアップして、その上で理解できるところを端折って読む程度です。
また専門書の良いところは、一般書籍の参考文献に留まらず、参考とした専門書・研究論文にも当たれることです。
さらにそこからまた参考にした文献へと、資料の連鎖というべき広がりがあります。

自治体の出している市史や県史といったものも面白いです。
自治体がちがえば、出版内容もちがうのですが、これは!と思うものも思えば、・・・と思うのもあり(笑)、なかなか趣があります。また、こちらも地元の歴史の専門書とあって一般書籍には載りにくい部分も書かれており、勉強になります。

これからちょこちょことそうした文献などについても書いていこうかなと思っています。
私の場合、小説書くのが本分ですが(汗)。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2010.04.11 Sun 20:18
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 『京都の寺社と豊臣政権』

三成死すべし 第1巻コメント »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/73-d8f90382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。