05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

織豊期研究会第58回報告会 

昨日、織豊期研究会の報告会に行ってきました。
織豊期研究会とは、その名の通り織田・豊臣時代の研究会で、報告会は三カ月に一度、名古屋大学の一室で開かれています。近くの方で興味ある方は是非どうぞ。

今回は、『秀吉死後の権力闘争と会津陣』 水野伍貴氏の発表です。
秀吉死後から会津陣までの出来事を、一次史料などから位置付けをおこない、会津陣とはなんだったのか、と問います。
実際、関ヶ原についての研究は多いですが、会津陣についての研究は、いわゆる直江状に集中し、会津陣それ自体の研究は少ないらしいです。

今回の報告会で、ほほー、となったのは以下の点です。

それは加藤清正の立ち位置です。
秀吉の死後、徳川家康と婚姻関係を結び、利家の死では三成を襲撃。関ヶ原の戦いでは、東軍方につき、西軍の小西行長や立花宗茂の城を攻めています。
完璧、家康方の清正です。
しかし、実際はそうでもなかった様子。
前田利長が家康暗殺を計画したとして、大坂の緊張感が高まっていた時、島津義弘が息子忠恒(後の家久)に送った書状には、

島津忠恒宛島津維新書状「鹿児島県史料 旧記雑録後篇 三 八八四
『・・・、羽柴肥前守(前田利長)殿當時賀州ヘ在國候ヲ、無上洛様にと被仰下候。自然強而於上洛者、越前表にて可被相留之由候て、刑少(大谷吉継)殿の養子大谷大学殿・石治少(石田三成)之内衆一千餘、越前へ被下置候事。
 加藤主計(加藤清正)事も、無上洛様にと被仰付候。其上ニ罷上ニおひてハ、淡路表にて可被相支之由候て、管平右衛門尉殿・有馬図書兩人ニ被仰付、彼表ヘ被指越候。
・・・』
()内は注記。

と、利長の上洛行動に備えて越前に大谷と石田の兵を派遣し、また、加藤清正の行動にも備え、淡路に管・有馬を送ることになったと、家康の行動が書かれています。
どうして清正に備える必要が、との疑問が生まれます。

この答えになるのが、姜の『看羊録』の記述です。
看羊録は、秀吉の朝鮮出兵の際に捕虜となり、藤原惺窩と交流した人物。看羊録はその頃の日記です(自分は以前にばら読みしたぐらいです)。
水野氏は、看羊録を当時の人々の認識や風聞を知る史料として活用されました。史実関係の記述としては誤りが多いらしいです。
で、清正についての記述は、
利家死後の三成襲撃で家康が三成を庇ったことに不満をもち、利長や宇喜多秀家、伊達正宗や細川忠興・黒田長政、浅野父子と反家康同盟を結んだ。
また、会津征伐あたりでは、家康の留守に清正らが挙兵するにちがいない、などとあります。

清正自身の真意はともかく、周りでは案外、清正の立ち位置について家康一辺倒と見ていたわけではないようです。
それを裏付けるように、関ヶ原の戦いに際しては、三奉行(長束・前田・増田)に大坂入城を求められた毛利輝元は、七月十五日、清正に書状を出しています。三奉行の書状を見て出発したこと、秀頼への忠誠が大事であるから清正にも上洛を願う文面です「慶長五年毛利輝元書状写 松井文庫所蔵古文書調査報告書 二 四一六」。

こうなると、三成らの挙兵後、豊臣恩顧大名の去就を疑った家康の慎重さも頷けます。

今度、図書館に行った時には看羊録を手にとってみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2009.09.16 Wed 23:26
カテゴリ: 講座・講演
comment(3) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« メールフォーム

充電第7弾 »

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/17 18:47】
| #[ 編集 ]
水野さんへ
水野さんへ

記事リンクの件了解しました。
こちらこそよろしくお願いします。

*コメントの公開は、投稿者でなければできないようです。
【2009/09/18 06:43】
URL | 尾山晴紀 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

尾山先生

 早速リンクをご許可いただきありがとうございました。
 コメント欄の「編集」をクリックしましたが、受け付けられないようですので、このままにいたします。
 これからも、どうかよろしくお願いいたします。
 
 
【2009/09/18 12:16】
URL | 水野青鷺 #BaoC.tsY[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/41-cd2b4d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。