09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

処女作『覇道の城』 

さて、今回の話題は前回の記事で書いた歴史群像大賞に応募した作品『覇道の城』について書こうかなと思います。この作品が自分にとってシミュレーション小説の処女作になります。

IFの起点は、明智光秀の密使が羽柴秀吉の陣をうまく抜けて毛利方にたどりつき、毛利方との和平交渉に秀吉がもたついてしまったというものです。
じゃあ、光秀主人公かというと、ちがうんですねえ。
この話の主人公は柴田勝家です。しかも、少しボケが入ってます^^; 実際、当時の勝家もいい年ですからね。
で、その勝家がいわば史実の秀吉の位置、素早く光秀討伐に動いたら、という流れになります。北陸軍団vs光秀というわけです。
かといって、北陸軍団が一枚岩というわけでもありません。上杉との最前線に残される佐々成政の不満、勝家の重用をめぐっての佐久間盛政・柴田勝政と柴田勝豊の対立、それらに右往左往する前田利家、そして、ボケを自覚できない勝家とそれを隠す毛受勝介の涙ぐましい働きw

そういった人間関係をよそに、余呉で明智軍とぶつかるわけです。
明智軍は、秀吉の中国大返しの不発で筒井順慶が明智方としての態度を鮮明にしたおかげで、その全力を余呉に投入。斎藤利三と明智秀満のそろい踏みです。一方、柴田軍は先述の内部対立でゴタゴタがあります。戦いの行く末はいかに!!(いちお、この後は伏せておきます^^;)


で、無駄に凝った設定というのが、この戦いの後の所領分配のところです。史実とまったく違うので、こねくりまわして遊んだりしてました。旧国名の白地図を何枚も色分けしたりして楽しみましたねー。なんて言いますか、続編を書く気満々だったというか。
あと、応募する段になって小説の題名をまったく考えていなかったことに気付きました(汗)。急いで付けたのが、覇道の城というわけです。内容と題名に関連性は、まあ、そのあれですね・・・。

ただ、歴史群像大賞で賞を取ったシミュレーション小説って、その話が本になるんですが、私の場合はなりませんでした(泣)。

では、今夜はこれで。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2009.01.18 Sun 01:58
カテゴリ: 戦国SL小説
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 「本能寺の変を読み解く」第四回

小説を書く時の楽しみ »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/4-2eee21ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |