09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

読書量 

最近、皆さんはどんな本を読んでますか?

小説を書く仕事ながら、最近、本を読んでいません。小説を書く資料とかなら、色々と目を通したりするのですが、「読む」とまでいっていませんし、ましてや小説はごぶさたです。小学生の頃から日課のように小説を読み、学生の頃まではよく寝る前に読み始めて、気づいたら朝だったなんてことも多々ありました。ところが、今では本当に読まなくなりました。

皮肉な話なのは、この小説を書く仕事を初めてから、読書量が激減していることです。

なんというか、小説を書く間に自分の文章をいやってほど読み返すせいか、他の小説を読む気力がなくなってしまった。そんな感じです。1日に2冊3冊と小説や本を読めていたのが、今では読み始めても続きません。
昨日の記事で、もやもや感があると書きました。
この読書量のことを色々考えているうちに原因が分かったような気がします。で、このもやもや感を一掃せねばなるまいとの結論です。
今度、担当さんと色々話そうと思います。



スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2009.05.16 Sat 16:44
カテゴリ: 雑記
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« お茶と串田アキラと

缶詰生活1週間 »

コメント

書籍紹介
お忙しい所すみません。どんなジャンルがお好みかは存じ上げませんが、独断と偏見で厳選したベストイレブン(?)を御紹介致します。何かのお役に立てれば幸いです(内容の詳細はAmazonを参照して下さい)。

【戦国小説】
戦国の凰 お市の方(鈴木 輝一郎)

榊原康政―家康を支えた知勇兼備の武将 (菊池 道人)

【戦国史】
信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う(鈴木 眞哉&藤本 正行)

【冒険奇譚】
女装の剣士シュヴァリエ・デオンの生涯(窪田 般弥)

【前大戦】
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰(留守 晴夫)

【国際情勢】
地政学の論理(中川 八洋)

【経済】
資本主義は嫌いですか―それでもマネーは世界を動かす(竹森 俊平)

【防犯対策】
大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか―カンニング竹山と考える(竹山 隆範)

【議論の仕方】
論理戦に勝つ技術―ビジネス護心術のすすめ(香西 秀信)

【読書法】
本を読む本(アドラー他)

【文章作法】
私の文章作法(清水 幾太郎)

【2009/06/13 13:56】
URL | 紫藤龍彦 #Q5CjbdH.[ 編集 ]
紫藤さんへ
紫藤さん、書籍紹介ありがとうございます。

この中で読んだことのある本は、「信長は謀略で殺されたのか」だけですね(汗)。
鈴木輝一郎さんは、首都誘拐を読んだことがあります。あの着想は面白かったなあ。鈴木さんは戦国小説も書かれていたのですねえ。

経済や地政学の本も興味がわきます。今度、図書館で読んでみたいと思います。
その前に積読本を・・・大汗
【2009/06/14 07:43】
URL | 尾山晴紀 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/19-d19cef27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |