04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

将棋熱 

私の将棋歴は小学生の頃に少し指した程度でした。
どうやって指していたかも覚えていないくらいです。某国営放送の番組も全然見ていなかったのですが、突然、去年から『見る将棋』が復活しました。さらに今年は『指す将棋』にも熱が入り始めました。
恐らく将棋漫画を読んだのがきっかけでしょう。あっけなく感化(笑)されました。
定跡書なるものを読んだり、詰将棋を解いたりしています。

それにしても新たな問題がひとつ。
ちょこちょこ将棋の本を買っているのですが、こちらも積読本がじわじわと増えてきています(汗)。
本を読むより集めることに夢中になる性質のようで困ります。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2012.11.12 Mon 21:48
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 第3回松平シンポジウム『捨城を拾う』

第40回『信長公記』を読み解く »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/176-b1ae1ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |