07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

気分転換に映画 

先日、気分転換とばかりに映画を見に行きました。
100年前の小説が原作の映画『ジョン・カーター』です。初3Dです。
字幕派なので吹き替えを映画館で見るのもおそらく初めて。

ネタバレは好きじゃないので内容は省きますが(笑)、なかなか良かった。
SF映画というよりは、ヒロイック・ファンタジーな感じの王道路線です。
もう少し説明が欲しいところもありましたが、映画館で楽しめる作品でした。
特にヒロイン。デジャー・ソリスにはやられました(笑)。
あと、主人公側の国王と側近がドラマ『ローマ』のあの俳優二人だったのにはニヤリ。

3Dは期待が大きかった分、ちと残念でした。
奥行きというか、ふんわり浮き上がっている感じでした。これを値上げ分の価値と認めるかどうか人それぞれでしょうねえ。

原作ありの映画作品は、面白そうな場合、問題がひとつ。
映画を先に見るか、原作を先に読むか、こればかりはまだ答えがみつかっていません(汗)。

スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2012.04.19 Thu 00:05
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« GW

やばい、超やばい »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/152-a33f5a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |