09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

作品の発想 

締切直前です。
『余裕はないけど、大丈夫かな』な進み具合です。

さて、作品の発想というのは不思議なもので、私の場合、現実逃避から生まれるような気がします。
何か、と申しますと、
小説を書いていると、締切やら一日何枚のノルマやら、遅々として進まない進捗状況、うまくピースがはならない話の展開などなど、その時書いてる小説のことなんて考えたくない時が多々あります(汗)。

そんな時に、別の話を考えてしまうんですね。
私は、設定好き・世界観好きなところがあって、こんなIFがあって、こういう話になって、こういう政治・軍事状況になって、などなど考えるのは好きなんです。小説に書くとなると話は別ですが・・・。
また、今書いてる小説には使えないけど、これは使える!と思えるアイデアが浮かぶと、次回作に使えるようにしたくなるわけです。

さて、ブログを書いての現実逃避はここまでにして執筆を頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2011.11.23 Wed 02:44
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 第29回『信長公記』を読み解く

お市? »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/134-a5949b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |