05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

北陸遠征・二日目 

さて、北陸遠征二日目は金沢です。
宿泊先から再び北陸本線を北上し、金沢を目指します。
当初、二日目は北陸本線を一気に進み、富山・新潟の県境の親不知を見ようと考えていましたが、そうするとそれだけで一日が潰れることが分かり、今回は断念して金沢巡りとなります。

金沢には昔一度来たことがあるのですが、兼六園などの記憶が微かに残る程度です。
さて、徒歩かバスかで巡ろうかなと思っていたのですが、レンタサイクルがあることを知り、自転車を借りて金沢市内を巡ることにします。一乗谷でも自転車で助かりましたが、今回も暑い日差しの中でも自転車だとなんとかなりました。
しかし、この初日と二日目の自転車でずいぶん日焼けしました。それまでは部屋に籠っていて色白だったんですけどね(笑)。

目指すは尾山神社。
いやまあ、尾山晴紀を名乗る以上は一度は行ってみたかったのです(笑)。
神社は利家とまつを祭ってあります。
神社の由来など読んで、お参りしてふと気付いたのがおみくじ。日本初の男女別のおみくじだそうです。
このおみくじ、大吉で良かったのですが、安物買いに気を付けろ、とのこと。
これが直後に当たります。デジカメの電池が切れ、こういうこともあろうかと準備していた電池を入れましたが、購入後しばらく経っていたためか反応なし。この電池が安物買いだったのです。炎天下で苦笑するしかありませんでした(汗)。

尾山神社のあとは、金沢城公園や兼六園には目もくれず、県立歴史博物館を目指します。
県立図書館にも行きたかったのですが、残念ながらお休み。
博物館では、時代時代の郷土の人物をピックアップしてあるなど、なかなか良かったです。博物館の展示では、歴史の事象を追うあまり人物が見えないことがありますから。
次に、博物館隣の藩老本多蔵品館に行きます。
ここは観光案内所で知ったのですが、前田家の家老となった本多氏(政重)の収蔵品を展示しているところです。ちょうど特別展『徳川の世と本多政重の奔走』をやっており、少し運命を感じます(笑)。
館長さんと接する機会があり、様々なお話を聞くことができました。

このあとは武家屋敷の町並みを見ながら金沢駅に戻ります。金沢駅から最終日の富山に向かいます。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2011.09.19 Mon 22:21
カテゴリ: 城・古戦場
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 北陸遠征・三日目

北陸遠征・初日 »

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/125-685f8a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。