07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

資料まとめ 

ただ今、疾風伝2巻の初校添削に奮闘中です。

以前、本の整理について記事を書いたと思いますが、
今回は資料(コピーしたもの)の整理についてです。

問題は、この資料のカテゴリー分けです。
基本は地方毎に分けています。例えば、九州、東北など。と同時に、有力大名家(武田や毛利など)ごとにも固めています。一大名・一地域の話ならば簡単ですが、ことが複数に関わると、
「どうしたものか・・・・・・」と頭を悩めます。
大名と地域のカテゴライズの問題だけに留まりません。
大名同士の交渉についてとなると、どちらに分けるかなどもあります。
また、関ヶ原の戦い、小牧長久手の戦いなど広範囲に影響を及ぼした戦争は、戦争にまとめるか、地域に分けるか、といった問題も出てきます。
こうなってくると、カテゴリー分別未定の資料が溜まってしまうわけです。

そこで、疾風伝2巻の原稿完成→初校到着の時間を利用し、
頭の気分転換とばかりに資料まとめをしてみました。
それは、図書館での検索での件名、あるいはインターネットのタグ?のように、
資料毎に複数の属性を付加し、すぐに検索できる資料総覧のようなものを作ってみよう、と。

ただ頭の気分転換のつもりで始めましたが、全然気分転換にはなりませんでした(汗)。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2011.08.07 Sun 13:14
カテゴリ: 雑記
comment(5) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 京都古書祭 糺の森編

第24・25回『信長公記』を読み解く »

コメント

はじめまして。
はじめまして。『ゆたりん』と申します。

疾風伝2巻楽しみにしています。久しぶりに読んでみようと思える歴史SF小説で、読んでみて、大変面白く続きが気になっています。(笑)

また、貴著は『群雄戦国志』『信長東征伝』『織田戦国志』と読ませてもらっています。

私は信長が大好きなのですが、戦国歴史SF小説では、浅井長政の裏切り、本能寺の変、関ヶ原以外にifを思いつきません。なので、今回の『疾風伝』は関ヶ原で、しかも宇喜多秀家が主人公というのは、いわれてみれば、今まで無かったのが不思議なくらいな感じがして、凄く新鮮でした。『疾風伝2』も凄く楽しみにしています。

お体に気をつけられて、これからも私達読者を楽しませてくれてる作品を期待しています。
【2011/08/16 05:42】
URL | ゆたりん #bQUoDw3U[ 編集 ]
二巻
三成がどうなるのか気になります。
幸せにはならないような…
【2011/08/17 07:09】
URL | 大佐 #-[ 編集 ]
ゆたりんさんへ
はじめまして、ゆたりんさん。

拙著を読んで頂きありがとうございます。
続きを楽しみにしてもらえると作者冥利に尽きます。
ここは是非、『燎原の覇者』と『三成死すべし』もお願いします(笑)。

信長主人公のIFの難しいところは、本能寺の変で横死したとはいえ勝者な点です。
勝者が勝者になるIFはカタルシスが微妙なところがあります。まあ、そこをうまくやるのが作者の腕の見せ所なんですが(汗)。
王道の本能寺・信長主人公のIFも書きたいですねえ。多くの方が書かれているので、独自色をどう出すのか、はたまたどんなIFにするのか、そこが難しく作者の楽しみでもあります。

疾風伝の第2巻、もう少しお待ちください。
ご期待にそえるようにがんばります。
【2011/08/17 21:12】
URL | 尾山 #5Z3bxbvs[ 編集 ]
大佐さんへ
三成の運命ですか~。

これは作者としても難しい命題です。
すでに決まっているような決まっていないような・・・。

よく作者さんの後書きに、登場人物が勝手に動く、という話があります。
一読者の頃は、「作者が書いてるのに登場人物が動く、って(笑)」って思っていましたが、
いやいや、これがあるんですよ。登場人物が勝手に動くことが。
いずれこのことを詳しく考えて記事にしたいとは思っています。

さて三成はどう動くのか、その運命は・・・・・・。
読んでからのお楽しみということでお願いします(笑)。
【2011/08/17 21:16】
URL | 尾山 #5Z3bxbvs[ 編集 ]
お返事ありがとうございます。
私も三成は気になります(笑)

三成自身が歴史の敗者なので、良くも悪くも固定したイメージが強いからです。

そんな三成がこれからどのように変わるのか、また、変わらないのか……。

楽しみです(笑)


しかし、作家というお仕事(特に実在の人物を書く方)は、よい意味で私達を裏切って、しかもその人物のイメージを崩さずっていう微妙なさじ加減が大変だと思います。(汗)
【2011/08/18 05:29】
URL | ゆたりん #bQUoDw3U[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/120-57cdda71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |