04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

佐藤大輔氏の遠行の影響 または老後計画とE計画 

3月下旬の佐藤大輔氏(以下、御大)の遠行の影響は大きかった。

仕事が手につかない、ぼーっとしている、とかは全然ないんです。
ただ北米大陸やカリブ海での日独対決、宇宙大国日本の隕石の軌道迎撃作戦、三州公の突撃、皇国の運命、連邦の旗、その結末を見ることはできない。
新刊続刊をほとんど諦めていたとはいえ、作者が亡くなって100%読むことができなくなるのでは、やはりずっしりとくるものがあります。下手に新刊を4冊残して逝ってしまったとなればなおさらです。
喪失感というか、失望感というか、飢餓感というか。
そうですね、飢餓感が一番しっくりくるのかな。
この餓えを、この渇きをどうすればいいのか、と。
グダグダと書き連ねたいところです。

・・・とまあ、これは御大のファンとしての心情になります。

自主出版を考えてのE計画は、本業のワラジが忙しく手がつかない状況です。
如水後、長宗我部元親のIF物を考えていました。
本能寺の変をちょこちょこいじって、元親vs信長です。しかし、どーもうまくしっくりこない、最初のつかみが掴めませんでした。どうしたものかと考え、いろいろほかのIFを考えたりもしました。
そのうち本業のワラジが忙しくなって手が付かなくなりました。
私にとっての小説とはなんぞや、っと哲学的に考えたり、老後の趣味になるのかー、あるいはほんの少しずつでも書いていくか、なんてものおもいにふけったものです。

そんな時にですよ。
御大の死は。

ブログで書いたかもしれませんが、私が初めて小説に手をつけたのは中学3年の時でした。
田中芳樹氏のアルスラーン戦記の続刊、いつになったら出るんだー、と書店の新刊案内を眺めたものです。今みたいにインターネットでサクッと分かる時代じゃありませんからね。本当良い時代になった(齢の流れ・・・)。
そんな時に同級生(彼はロードス島戦記が好きでした)と小説書くか―、って話になり、書いたのが始まりです。

御大の続刊は望めません。
ならば、自分の手で餓えを満たし、渇きを癒すしかありません。
中学3年の時の自分と同じように。

なにより御大は52才で逝ってしまいました。
そこで考えてしまうのは、自分が52才までに何が書けるのか、どれだけ書けるのか、ってことです。

気張りたいと思います。
スポンサーサイト
2017.05.11 Thu 20:44
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。