01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

第4回三国志徒然列伝 呉景 

呉景は孫策の江南制覇の生き証人であり、その子孫は呉の内紛の生き証人です。

呉景は義兄の孫堅に従い、戦功をあげています。
孫堅の死後、孫堅の軍団は袁術の指揮下に吸収されます。呉景も袁術配下の将となります。
そもそも袁術は洛陽の南、荊州北部の南陽郡を拠点にしていましたが、曹操との戦いに敗れて揚州寿春に逃れ、江南に勢力を広げようとしました。
これが孫家の江南制圧の始まりです。呉景は長江南岸の丹陽郡太守に任じられます。丹陽は長江下流域の南岸に位置します。寿春の東南です。
ところが、丹陽郡にはすでに袁紹が任じた太守周昕(シュウキン)がいました。兄弟とも従兄弟ともいわれる袁紹と袁術は、反董卓連合軍が崩壊したあと、反目から対立、抗争へと関係が悪化していました。

ここから呉景は八面六臂の活躍をします。
周昕を討伐して丹陽郡を支配下におさめる。
涇県の祖朗の反乱を孫策の兵、孫河と呂範とともに鎮圧。
揚州刺史として劉繇(リュウヨウ)が来ると、一時袁術のもとに退きますが、
横江にて樊能(ハンノウ)と于麋(ウビ)を孫賁と協力して討伐。
秣陵にて笮融(サクユウ)と薛礼(セツレイ)を攻撃。
この頃、孫策が負傷したことで軍門に下っていた者たちが反旗を翻すも、呉景はこれを鎮圧。
曲阿の劉繇を討伐。劉繇は豫章に敗走。

呉景は孫策の軍団にあって、一手の大将として動いています。
孫策は江南攻略の報告のため、呉景と孫賁を寿春に送ります。当時の袁術は徐州の劉備と争っていたため、呉景を広陵太守に任じて送り出します。広陵は長江北岸、徐州の南に位置します。
ここまで孫策はあくまで袁術配下の将として行動してきましたが、袁術が皇帝を名乗ることで状況が変わります。
孫策は袁術に諫言します。しかし、袁術の意志に変わりはないと判断すると、関係を断ち、袁術から独立します。
呉景も広陵太守の地位を捨て、孫策のもとに走ります。孫策は呉景を再び丹陽太守に任じます。
丹陽太守在任のまま、呉景は建安八年(203)に亡くなります。
孫堅・孫策の時代、共に駆け抜けた人生と言えるでしょう。
いわば孫家の陽の部分です。

ここから陰の部分です。
呉景の兵はその子呉奮が受け継ぎ、部将となり、爵位も与えられ、亡くなります。まだ安らかです。
その子の呉安が後を継ぎますが、彼は魯王孫覇の一党だったため、処刑されます。
皇太子孫和と魯王孫覇による後継者争い、二宮の変の犠牲者のひとりです。
呉安の後は呉奮の弟の呉祺(ゴキ)が継ぎます。
呉祺の死後は呉簒(ゴサン)が継ぎます。この呉簒の妻が滕胤(トウイン)の娘だったため、滕胤粛清に連座して呉簒も処刑されてしまいます。孫権の後を継いだのは幼い末子孫亮でしたが、権力争いが頻発します。滕胤粛清もそのひとつで、これまた犠牲者のひとりです。

孫権晩年からその後継者の時代の話はもう乾いた笑いが何度も起きるほどです。
スポンサーサイト
2017.02.23 Thu 20:48
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。