08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

『岩村城』汗とスポーツ飲料  

9月上旬に東濃の岩村城に行ってきました。暑かった(大汗)。

青春18切符があったので電車です。
名古屋から中央線に乗ってゆっくりと進みます。恵那で降りて、明智鉄道に乗り換えます。
もう少し早く出て、ゆっくりと観光でもしようかなと思っていたのですが、朝まったりしてしまい、昼に恵那着となりました。
そのおかげで明智鉄道がやっている特別食堂車と一緒に乗れました。

岩村駅で降りると、そこから岩村城の登山口である博物館を目指します。
わびさびの城下町の商店街の中を通っていきます。少しきつめのなだらかな坂道になっています。
博物館の脇の登山口からが本番です。
藤坂と呼ばれる石畳の坂道が頂上付近の主郭まで続いています。
まだまだ暑い日だったこともあり、久しぶりの『登山』もあって、汗だくの汗だくでした。岩村城に行かれる際には絶対飲料を確保してから行くべきです。持ってて良かったスポーツ飲料(安心)。
藤坂を登り切ってからは、もう大丈夫で立派な石垣が迎えてくれます。
本丸からの風景は見事でした。
ですが、こんなところに城を築いて意味あるのか?という疑問が(汗)。
確かに堅城なのだと思いますが、ちょっと山過ぎないかなと。
このあたりの交通路を調べてみたいと思いました。恐らく東西というよりは南北の交通が重要なところなのか?
ちなみに岩村駅から博物館までが20分、博物館から藤坂踏破までが20分、頂上の本丸までが10分といった感じです。

本丸の直下に駐車場があって、乗用車ならばここまで来れます。
しかし!
藤坂を登ってこその岩村城です。車で行かれる方は博物館で停めて、登山がんばりましょう(笑)。
スポンサーサイト
2016.09.20 Tue 23:22
カテゴリ: 城・古戦場
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »