11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

第12回『天正記』を読む 

年末大晦日に記事を書く(汗)。
今回は四国御発向并北国御動座記のうちの前者についてです。

最近の研究の進展で、長宗我部元親の四国統一に疑義がもたれています。
伊予の河野氏は元親に降ったのか、讃岐で抵抗する十河(三好)存保、阿波の木津・土佐泊両城の存在など大半を制圧したとはいえ「統一」とはちがったと考えられます。
実際、小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉と戦う織田信雄・徳川家康と連携しての大坂侵攻は、渡海以前の話で潰れています。また、大軍の多方向からの侵攻とはいえ、元親は簡単に四国上陸を許し、阿波方面の諸城の相次ぐ陥落、東伊予の抵抗だけで降伏に至っています。
土佐一国を安堵されたとはいえ、元親は土佐統一からの数年間の成果を一切失います。

劇的な戦いもなく、小牧・長久手の戦いに隠れているせいか、日の目を見ることがありません。

とはいえ、日本人好きというか、もっと有名になってもいいのにと思う武将がいます。
それがこの戦でもっとも激しく抵抗した東伊予の金子元宅です。
阿波白地に進出した元親は、当地の大西上野介の調略に助けられ、西讃岐や東伊予の勢力を味方にすることに成功します。そこから金子元宅と元親の関係は始まります。
東伊予の二郡は伊予守護の河野氏の支配ではなく、分郡守護の細川氏の支配にあり、石川氏が実際の支配を行っていました。元親の進出時には、石川氏の当主は幼く、縁戚にあたる金子元宅が中心でした。
それだけに元親は情勢を報告するなど元宅に気を使っています。
秀吉軍の侵攻に当たって元宅は我が子を土佐に送ると、毛利軍相手に討死します。
長宗我部氏の譜代でもなく、臣従したわけでもない。勝ち目があるとは思えない戦いに長宗我部氏との義理を通した元宅。

目立たないけど日本人の琴線にふれる武将だと思います。
ついでに大西上野介も、信濃攻略における真田幸隆並の活躍なのに。ああ、なぜ(涙)。
スポンサーサイト
2015.12.31 Thu 22:36
カテゴリ: 講座・講演
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。