06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

充電第2弾 彦根城遠征 

今日、彦根城に遠征してきました。

JR彦根駅から徒歩で彦根城へ。
15分ほど。

入城する前に、馬屋と多聞櫓を見学。
多聞櫓は公開中だったおかげで見学ができました。外側の壁は、人の高さまで二重になっており、分厚くなっています。また、彦根城の石垣の裏側は、長大な石垣の階段になっており(雁木と呼ぶ)、いざ兵を込めるときに便利な構造となっています。
この多聞櫓で一つ気になったことが。
鉄砲狭間の位置が低いのです。とても膝立ちで撃てるものではなく、それこそ寝そべってでないと撃てない(ちなみにほかの櫓にある狭間は膝立ちの位置にあって、ここだけか?)。

運動不足の体に苦笑しながら登城。
本丸の関門、天秤櫓に惚れ惚れとする。天秤櫓とは、本丸につづく尾根を堀切で切り、橋をかけた門の両脇に二層の櫓がそびえるところです。デジカメを持っていないのですが、ここで買ってくるべきだったと後悔。

彦根城の本丸の天守ですが、内部の階段の勾配が・・・。
80度ぐらいあるような、あそこを登るときは大変でした。降りるときも。
本丸からだと、琵琶湖が一望できますが、北の方は山がせり出しており、長浜城が見えないのが残念でした。


午後から天候が崩れるとの予想でしたが、入城前に小雨がぱらっと降っただけで、午後からは快晴となり、助かりました。
さて、次はどこの城を攻めるか。その前にデジカメ買うか・・・。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと
ジャンル: 小説・文学

2009.07.31 Fri 20:44
カテゴリ: 城・古戦場
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。