04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

第4回三国志徒然列伝 呉景 

呉景は孫策の江南制覇の生き証人であり、その子孫は呉の内紛の生き証人です。

呉景は義兄の孫堅に従い、戦功をあげています。
孫堅の死後、孫堅の軍団は袁術の指揮下に吸収されます。呉景も袁術配下の将となります。
そもそも袁術は洛陽の南、荊州北部の南陽郡を拠点にしていましたが、曹操との戦いに敗れて揚州寿春に逃れ、江南に勢力を広げようとしました。
これが孫家の江南制圧の始まりです。呉景は長江南岸の丹陽郡太守に任じられます。丹陽は長江下流域の南岸に位置します。寿春の東南です。
ところが、丹陽郡にはすでに袁紹が任じた太守周昕(シュウキン)がいました。兄弟とも従兄弟ともいわれる袁紹と袁術は、反董卓連合軍が崩壊したあと、反目から対立、抗争へと関係が悪化していました。

ここから呉景は八面六臂の活躍をします。
周昕を討伐して丹陽郡を支配下におさめる。
涇県の祖朗の反乱を孫策の兵、孫河と呂範とともに鎮圧。
揚州刺史として劉繇(リュウヨウ)が来ると、一時袁術のもとに退きますが、
横江にて樊能(ハンノウ)と于麋(ウビ)を孫賁と協力して討伐。
秣陵にて笮融(サクユウ)と薛礼(セツレイ)を攻撃。
この頃、孫策が負傷したことで軍門に下っていた者たちが反旗を翻すも、呉景はこれを鎮圧。
曲阿の劉繇を討伐。劉繇は豫章に敗走。

呉景は孫策の軍団にあって、一手の大将として動いています。
孫策は江南攻略の報告のため、呉景と孫賁を寿春に送ります。当時の袁術は徐州の劉備と争っていたため、呉景を広陵太守に任じて送り出します。広陵は長江北岸、徐州の南に位置します。
ここまで孫策はあくまで袁術配下の将として行動してきましたが、袁術が皇帝を名乗ることで状況が変わります。
孫策は袁術に諫言します。しかし、袁術の意志に変わりはないと判断すると、関係を断ち、袁術から独立します。
呉景も広陵太守の地位を捨て、孫策のもとに走ります。孫策は呉景を再び丹陽太守に任じます。
丹陽太守在任のまま、呉景は建安八年(203)に亡くなります。
孫堅・孫策の時代、共に駆け抜けた人生と言えるでしょう。
いわば孫家の陽の部分です。

ここから陰の部分です。
呉景の兵はその子呉奮が受け継ぎ、部将となり、爵位も与えられ、亡くなります。まだ安らかです。
その子の呉安が後を継ぎますが、彼は魯王孫覇の一党だったため、処刑されます。
皇太子孫和と魯王孫覇による後継者争い、二宮の変の犠牲者のひとりです。
呉安の後は呉奮の弟の呉祺(ゴキ)が継ぎます。
呉祺の死後は呉簒(ゴサン)が継ぎます。この呉簒の妻が滕胤(トウイン)の娘だったため、滕胤粛清に連座して呉簒も処刑されてしまいます。孫権の後を継いだのは幼い末子孫亮でしたが、権力争いが頻発します。滕胤粛清もそのひとつで、これまた犠牲者のひとりです。

孫権晩年からその後継者の時代の話はもう乾いた笑いが何度も起きるほどです。
スポンサーサイト
2017.02.23 Thu 20:48
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

第3回三国志徒然列伝 呉夫人 

久しぶりの三国志徒然列伝です(大汗)。

今回は呉夫人について。
孫堅の奥さんで、孫策・孫権らの母親にあたります。
呉の生まれでのちに銭唐の地に移ります。早くに父母を亡くし、弟の呉景と暮らしていました。
孫堅伝には、孫堅の武勇伝として十七歳の時の海賊退治の話があります。
父親とともに船で向かっていたのがこの銭唐でした。
孫堅は才色兼備で名高い呉夫人に求婚しますが、風聞悪い孫堅を親戚が嫌い、断ろうとします。これに孫堅は怒りますが、呉夫人は女一人のことで恨みを買う必要はない、と求婚を受け入れます。
そして四男一女を生むことになります。
伝では建安七年(202)に亡くなるのですが、建安十二年に亡くなったと注を書いた裴松之は断言しています。
ちなみに孫堅が初平四年(193)に37歳で亡くなったとあるので、同年代と考えて50歳前後で亡くなったのかなと思います。

呉夫人の逸話として、孫策への諫言があります。
孫策が江南を制覇した頃、魏謄という家臣が孫策の気持ちに逆らったため処刑されかけます。他の者たちは心配しますが、恐れてなにもできずにいました。
その話を聞いた呉夫人は井戸の縁に身を置くと、
「江南の経営を始めたばかりで人物を礼遇しなければならない。それなのに職務に励む魏謄殿を殺せば、明日には皆が背を向けることになる。禍がお前に降りかかるのは見たくない。その前に井戸に身を投げる」
と、まあ脅迫したわけです(笑)。
これは小覇王と呼ばれた孫策も勝てず、魏謄を釈放しました。
孫策亡き後、若くして継いだ孫権にも、助言をし、その益は大きかったとあります。少しきになるのは、行政はともかく軍事にも助言したとあることです。さて、これは?

次回は、呉夫人の弟の呉景について。この人とその子孫の話は、まあ、あれですね。
2017.01.20 Fri 00:10
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

第2回三国志徒然列伝 董卓2 

今回は董卓の続きです。
前回長々と書いたので今回は短いのをと思っていたら、董卓とその周辺について書きたくなりました。

さて董卓は初平三年(192)に王允・呂布によって暗殺され、董卓が本拠とした長安近郊の郿でその一族は殺されました。
この時、董卓は何歳だったか?
生年がわかっていないため、正確な齢は不明です。
皮肉にも董卓の近親者で齢が書かれている人がいます。
一人は董卓の老母で、郿で殺された時に90才。当時にあって凄い長寿です。また董卓の孫娘(董白)が15になっていないのに領地を与えられたとあります。
老母が90才なら、董卓は70前後と思われます。ざっと60から75といったところでしょうか。
脂ぎった太った中年男というイメージとかけ離れています。老境も老境の人物です。
とはいえ、また別のエピソードから枯れた老人とも思えません。
董卓の横暴に反感を抱いた伍孚という人物が、刃物を隠し、董卓と会談しました。会談後、門まで見送りに出た董卓を刺すのですが、剛力の董卓はうしろにさがって刃物を抜いたというのです。董卓は伍孚を難詰し、これに伍孚は董卓を弾劾、殺されます。
このエピソードから分かるのは二つ。
刺されてもぴんぴんしている董卓の強さ、そしてわざわざ伍孚を門にまで見送りにでているところです。残酷な面ばかりが強調されているにしては礼儀があるというか・・・。

董卓の周辺の人物を紹介すると、先述の老母と孫娘董白。
董卓は三兄弟の二男で、長男は若くに亡くなっています。弟は董旻(トウビン)といい左将軍になり、また兄の子董璜(トウコウ)は侍中・中軍校尉に、女婿の牛輔は中朗将となっています。
弟・甥・女婿はいても、董卓には息子はいなかったようです。ただ側室にまだ歩けない赤子がいたとあるので、もしかしたらそれが董卓にとっての男子かもしれません。
董旻・董璜らは郿において、彼らの家族もろとも殺されましたが、出征していた牛輔だけは難を逃れました。
この時、牛輔は陝に駐屯していました。
陝という場所は、洛陽の南南東50kmほど、豫州潁川郡に入ったあたりにあります。
牛輔は陝から李催・郭汜・張済らを派遣して、豫州潁川・隣の兗州陳留の諸県の攻略をしていました。
董卓を倒した王允・呂布は、牛輔を討伐しようとしますが失敗。しかし、牛輔は軍勢の混乱を制御しきれず、逃げ出し、部下に裏切られて殺されます。ここに董卓の縁戚一族は表舞台から消えます。代わって李催・郭汜が出てくるわけです。

それにしても、初平元年(190)に長安遷都後、董卓の勢力は完全に長安に引きこもっていたと思っていましたが、なんと反撃に出ていたのには驚きました。
董卓暗殺がなかった場合、私たちの知っている群雄割拠の戦いもどうなっていたか。
豫州・兗州の西部、荊州北部に董卓の勢力が進出した場合、曹操の台頭、袁術と劉表の対立、孫堅の死、袁術の没落(寿春への逃亡)などガラリと変わるはずです。

うーん、想像が膨らみます(笑)。
2016.10.28 Fri 00:00
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

第1回三国志徒然列伝 董卓 

さて記念すべき第1回の話はこの人、董卓です。

董卓、字は仲穎(ちゅうえい)、隴西郡臨洮県生まれ。
と言われても、どこそこ状態なので調べてみました。
長安のある雍州の一番西が隴西郡であり、その中の山の中といった所です。ちなみに長安と臨洮県の距離は450kmほど。これは羌族と親しく交わっていたというのも頷けます。

董卓と言えば、肥満体の脂ぎったオッサンであり、その性質は酷薄残虐なイメージがあります。
実際、董卓に関する正史のエピソードは、残虐無道な話が多くあります。
しかし、董卓とその軍勢の残虐行為はともかく、政治姿勢は意外なものでした。

時の皇帝霊帝が崩御し、少帝が即位すると外戚の大将軍何進(妹が霊帝皇后・少帝の母)と宦官の対立が深刻化し、機先を制した宦官たちが何進を暗殺、何進の腹心だった袁紹がその復讐に宦官たちを皆殺しにします。
何進は圧力として地方の軍勢を呼び寄せていました。その一人が董卓でした。
外戚・宦官という後漢王朝を左右してきた二大勢力がいなくなり、力の空白地帯に董卓が現れたのです。
董卓は、大将軍何進とその弟で車騎将軍可苗(宦官殺戮の際に死亡)の軍勢を取り込み、さらに董卓同様上洛していた并州刺史丁原(呂布に殺される)の軍勢も吸収し、朝廷を牛耳ることができました。
董卓が実際に率いてきた人数は三千と言われ、一度都に入った人数を密かに出して、翌日新たな軍勢に見せて入城させるなどしていたようです。

董卓はまず少帝を廃します。代わって少帝の弟陳留王を立てます。
このとき董卓は、「少帝は暗愚で礼儀もなっていない、逆に陳留王は賢く礼を知っている」とまあ、こんな感じに主張したわけです。
そこで不思議に思ったのです。
董卓の主張が正しいのであれば、バカな少帝のほうが董卓にとって都合がいいはずでは、と。
廃された少帝、その母可太后は殺されています。董卓の主張に反対した盧植を処刑しようともしています。でも董卓は董卓なりに朝廷の刷新を図っていたのでは思うのです。
可太后は以前に霊帝の母董太后と確執があって殺しています(陳留王の母も)。董太后は陳留王の育ての親です。
可太后はあまりに個人として酷薄、また政治的にも影響力が強すぎます。何進が宦官誅殺に手間取ったのも可太后の反対(後宮入りや生活に宦官たちの世話になっている)が原因でした。可太后は刷新の邪魔な存在と言えます。そのためには皇帝の母という立場を意味なくする必要があったのでは、と思います。
廃された少帝と可太后は殺されています。これで完全に董卓の邪魔者はいなくなりました。
実権を握った董卓は地方官の人物推挙を素直に受け入れています。
韓馥、孔伷、劉岱、張邈らです。ところが彼らは反董卓連合軍に参加します。
董卓は裏切られたわけです。ちなみに彼らを推挙した人たちは処刑されています(汗)。

もし反董卓連合軍という武力解決を諸侯が選ばなかった場合、後漢王朝はどうなったか?
反董卓連合軍の挙兵は、各地の諸侯の分離自立化につながりました。これがなかった場合、意外と後漢王朝は安泰にして長続きしていたのではないかと思うのです。
長安遷都もないでしょうし、各地の戦乱もなかったでしょう。
董卓の専横は、恐らく王允のような朝廷内クーデターで打倒され、後漢王朝での政変劇のひとつに収まっていた気がします。
2016.10.18 Tue 23:24
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

三国志、のちに時々三国志、あるいは中国史 

ここのところ三国志にはまっています。

ゲームや小説漫画ではなく、正史三国志というやつです。
何年も前に、ちくま学芸文庫の正史三国志5蜀書を買いました。
しかし、中国の歴史書の紀伝体、一言で言えば人物毎の書き方に慣れず、また知らない人物ばかりで「面白くねえ」となってしまい、本棚の飾りと化していました。

それがなんのきっかけか、数か月前に再度読み直したら、今度は不思議とすんなりと読み進めることができました。
ちょこちょこ蜀書を読んだあと、図書館で魏書1・2・3・4、呉書1・2・3にも手を出しました。これらもちょこちょこ興味ある人物などを読んだりする一方、正史メインの話の本にも手を出しました。
借りるだけでは飽き足らず、呉書のほうを買ってしまい、さらに魏書のほうも・・・。

魏、蜀、呉をつまんだところ、正史三国志を読むなら、演技の主人公蜀やライバル魏ではなく、呉から始めたほうが取っつきやすいと思います。

まあ演技の影響で、呉というと関羽の死から裏切り者、ダークなイメージが付きまといますが、読んでみると面白いです。
中でも正史三国志7の呉書2が一番いいです。
周瑜魯粛呂蒙、さらに陸遜、また呉の有名どころの武将がずらりと並んでいます。

良ければご一読を。

これから正史三国志を読んだ感想みたいなのをシリーズで書きたいと思います。
2016.10.10 Mon 23:28
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |