06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

佐藤大輔氏の遠行の影響 または老後計画とE計画 

3月下旬の佐藤大輔氏(以下、御大)の遠行の影響は大きかった。

仕事が手につかない、ぼーっとしている、とかは全然ないんです。
ただ北米大陸やカリブ海での日独対決、宇宙大国日本の隕石の軌道迎撃作戦、三州公の突撃、皇国の運命、連邦の旗、その結末を見ることはできない。
新刊続刊をほとんど諦めていたとはいえ、作者が亡くなって100%読むことができなくなるのでは、やはりずっしりとくるものがあります。下手に新刊を4冊残して逝ってしまったとなればなおさらです。
喪失感というか、失望感というか、飢餓感というか。
そうですね、飢餓感が一番しっくりくるのかな。
この餓えを、この渇きをどうすればいいのか、と。
グダグダと書き連ねたいところです。

・・・とまあ、これは御大のファンとしての心情になります。

自主出版を考えてのE計画は、本業のワラジが忙しく手がつかない状況です。
如水後、長宗我部元親のIF物を考えていました。
本能寺の変をちょこちょこいじって、元親vs信長です。しかし、どーもうまくしっくりこない、最初のつかみが掴めませんでした。どうしたものかと考え、いろいろほかのIFを考えたりもしました。
そのうち本業のワラジが忙しくなって手が付かなくなりました。
私にとっての小説とはなんぞや、っと哲学的に考えたり、老後の趣味になるのかー、あるいはほんの少しずつでも書いていくか、なんてものおもいにふけったものです。

そんな時にですよ。
御大の死は。

ブログで書いたかもしれませんが、私が初めて小説に手をつけたのは中学3年の時でした。
田中芳樹氏のアルスラーン戦記の続刊、いつになったら出るんだー、と書店の新刊案内を眺めたものです。今みたいにインターネットでサクッと分かる時代じゃありませんからね。本当良い時代になった(齢の流れ・・・)。
そんな時に同級生(彼はロードス島戦記が好きでした)と小説書くか―、って話になり、書いたのが始まりです。

御大の続刊は望めません。
ならば、自分の手で餓えを満たし、渇きを癒すしかありません。
中学3年の時の自分と同じように。

なにより御大は52才で逝ってしまいました。
そこで考えてしまうのは、自分が52才までに何が書けるのか、どれだけ書けるのか、ってことです。

気張りたいと思います。
スポンサーサイト
2017.05.11 Thu 20:44
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

さよなら青春 

訃報を知る。

佐藤大輔氏を知ったのは、レッドサンブラッククロスの1巻でした。
名前の格好よさ、太平洋戦争とは違う架空世界の日独決戦。氏の作品にのめりこみました。
皇国の1巻2巻同時刊行にはとても興奮したのを覚えています。
ノベルズの帯にある来月刊行案内に、続刊があるかどうかを調べて、
なければ落胆し、あれば待ち遠しくしていました。

新刊がでなくなり、文庫化ばかりで新刊を諦めていました。
でも、今月の文庫本に新刊案内があって嬉しく思っていました。


ご冥福をお祈ります。
今日ばかりは飲めない酒を飲みたい。

さよなら大ちゃん。


2017.03.26 Sun 19:59
カテゴリ: 雑記
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

謹賀新年2017 

明けましておめでとうございます。

今年は積読本をなんとか消化したいと思っています。
古本祭のたびに10冊15冊と増えるのに減るのは・・・。
2017.01.01 Sun 21:31
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

最近のこと その1 

最近というか、今年の夏は積極的です。

出不精の数年間の癖がまだまだですが、いろいろと出かけている今年の夏です。
まずは北陸遠征で、滋賀県東部・福井県・石川県金沢以南の某古書店を制覇。
現存最古天守の越前丸岡城を攻城。ついでに恐竜博物館も遠征。
また京都には、春夏の古書祭りに二度の遠征。
そして青春再びと、18切符で紀伊半島1周日帰り旅をしてきました。

車で滋賀から福井に入るには下の国道八号であれ自動車道であれ、敦賀経由になります。
しかし、今回私はせっかく車で行くのならと、余呉から北上して峠道を越えることにしました。
滋賀県側は真っ直ぐでゆったりと行けたのですが、トンネルをくぐって福井県側に入ると一転、クネクネと険しい峠道となります。
この光景を見るに、柴田勝家が賤ヶ岳の戦いで敗れたあとに再起できなかった理由もわかります。
あの峠があっては撤退は難しく、敗北した軍勢がまとまることはできなかったでしょう。
おそらく大半が羽柴勢に討たれるか降伏、残りはあの山の中に四散したと思います。
勝負を挑むなら万一に備えての退路確保は絶対と感じました。

紀伊半島1周は、思い立ったが吉日とばかりにお盆真っ盛りに遠征しました。
串本(本州最南端の潮岬)か和歌山あたりで一泊しようかなと思いましたが、やはりお盆休みの最中は、ね(汗)。
朝一で電車に乗り、尾鷲・熊野を越えて新宮入り。
三重県人ですが、尾鷲・熊野方面に来たのはこれが初めてです。
そこから串本に。
この新宮から串本あたりでは、小さな浜辺がいくつもあり、きれいな海を眺めることができました。
串本では時刻表の関係で、潮岬で記念写真撮って、軽く眺めて、お土産買って終了。
すぐに紀伊田辺への電車に乗り、御坊で乗り換え、和歌山に到着。
和歌山の前では、太平洋の絶景があり、思わずオオ~と。
和歌山から大阪に出て、大阪から奈良経由の関西線で三重に戻りました。
さすがに鈍行でただ乗っているだけの1日はそれなりに疲労感が(汗)。

携帯があれば検索で最適の電車の乗り換えが分かります。
でも紙の時刻表でいろいろめくるのも楽しかったですね。
車中でも時刻表をめくりまくってる人も何人かいました。あの時刻表の使い込み方はプロでしたね(笑)。
2016.08.18 Thu 19:35
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

真田丸 その2 

さて、大河ドラマ『真田丸』は序盤の第一次上田合戦が終わり、大坂へと舞台を移しました。

役者さんの演技は良いし、話のテンポもさすがですね。
とはいえ、やはり不満はあり。
一番は時間の経過が分かりずらい、武田家滅亡→織田家降伏→本能寺の変→天正壬午の乱→第一次上田合戦の流れがまったく分かりずらい。時間の流れのピッチが掴めませんでした。
まあテレビだから仕方ないとはいえ、うーん、本能寺の変あたりの信繁場面はバッサリいってもよかったと思います。

では今回のメインである第一次上田合戦。
1話まるまる合戦にあてるという、これは英断ですな。ただまあ、合戦シーンはもうちょっと兵士の人増やそうよと思わずにはいられなかった・・・。
人手はお金がかかるからと思うのですが、足軽雑兵役は前々から大々的にボランティアで募集すれば、いっぱい来ると思うんですけどねー。ダメなのかなー。
堺雅人や大泉洋、草刈正雄、というより黒木華や長澤まさみに会えるかもだとさらに倍となりそうなもんですが(笑)。
にしても黒木さんのアレはないでしょう。もう少しあの場所に行く理由を強くして欲しかったですね。

退場シーンでは、「黙れ、小童!」の人が良かった。
もう聞けないのが寂しいです(笑)。
2016.04.25 Mon 23:32
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。