03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

戦国合戦奇譚 霧の戦場 


戦国合戦奇譚 霧の戦場が発売されます。

これまでとは、すこーし趣向のちがった小説になっています。
詳しくは本の帯の宣伝をお読みください。帯の文章が今作をうまく宣伝していると思います。…私よりも(汗)。
手に取ってピンときた方はそのままレジに。こなかった方も確認のためレジにお願いします(笑)。いつ買うのか?今でしょ! 

感想などがありましたら、コメントをお願いします。
注意事項は以下の通りです。
・ネタばれOK。ですので、未読の方はコメント欄は開かない方が良いです。
・誹謗中傷は止めてください。これは私の作品に限らずです。
・作者がへこむ感想でもどしどしどうぞ。できればオブラートは厚めにお願いします(汗)。

*今週末は外出のため返事は遅れますが、感想がありましたらよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ: 本の紹介
ジャンル: 小説・文学

2013.03.28 Thu 07:03
カテゴリ: 戦国SL小説
comment(6) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

« 題名『新作誕生までの道』、あるいは『作者に愛の手を』

ああ無情 »

コメント

尾山先生、はじめまして!
尾山先生、はじめまして!「霧の戦場」読み終わりました。とても、面白く読ませていただきました。先生の小説は、全て読ませていただいておりますが、今回は今までの作品とは違い、歴史の時系列上あり得なかった夢の戦いを描いていますね。武田VS島津、上杉VS伊達、伊達VS武田。どれも、面白い戦いでしたが、伊達がらみで、大将同士の一騎討ちが、2連続には興奮を覚えました。政宗公が、武藤昌幸公を家臣にしたいと言う件が有りましたが、後の歴史への伏線ですかね。幸村公の遺児を匿って、仙台で真田の血脈は続いていますからね。嬉しくなりました。最後の部分で、政宗公が「紫の霧が唐天竺・南蛮にあっても不思議はないよな」と言ったところで、伊達政宗VS曹操を妄想してしまいました。
最後に、ひとつ残念だったのが、小説の内容ではないのですが、第三章摺上原の途中から「内藤昌秀」が、「内藤昌豊」に誤植されてしまっています。歴史上は、昌秀が正しいはずですよね。
長々と失礼しました。次回作も、楽しみにしています。
【2013/04/27 23:24】
URL | 趙雲「歴士」 #t1.TbnjA[ 編集 ]
趙雲さんへ
趙雲さん、初めまして。
拙著を読んでいただきありがとうございます。

のちの歴史への伏線、そうですね、接点というかきっかけのような感じに書きました。なんら影響がないというのも変かな、と思いまして。
今回は今まで趣がちがいますので不安でしたが、面白かったと言って頂き、本当ホッとしています(笑)。
内藤昌秀はその通りです。赤面もののミスです。申し訳ございません(汗)。

今後とも感想・指摘などよろしくお願いします。
【2013/04/29 22:15】
URL | 尾山 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

こんにちは。あかがいです。

いつも尾山先生の小説を楽しく読んでいます。
『霧の戦場』
読みました!!
紫の霧。遂に時空まで超えた!!帯を見た途端にワクワクしました(笑)

以前、尾山先生からの御返事コメントで『次回作は……』のような気になる終わり方でしたので、何だろう、どんな物語なのだろう?と待っていました。ですから、色々な意味で仰天しました。

上杉謙信と伊達政宗について、私の知識が薄いので読むにあたり多少の不安がありましたが、苦なく読めて楽しかったです。

彼等二人の事をもっと詳しく勉強してから、再度この小説を読んで楽しみたいと思いました。

それでは、失礼します。
【2013/08/06 18:24】
URL | あかがい #-[ 編集 ]
あかがいさんへ
あかがいさん、拙著を読んでいただきありがとうございます。

今までと毛色どころか毛自体ちがう作品だったので、あのような文言になりました(汗)。

歴史や人物にさらに興味を持つにきっかけになれたなら幸いです。有名どころから脇役にも目がいくときりがありませんが(笑)。
二度三度と読んで楽しめてもらえたなら作者冥利につきます。これからもよろしくお願いします。
【2013/08/08 00:17】
URL | 尾山 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

こんばんは。群雄、疾風、三成、そして霧の戦場のシリーズ読ませていただいております。

そろそろ霧の戦場の続きが読みたいのですが、いつ頃になりそうでしょうか?
【2014/07/19 01:21】
URL | ゆるっと戦国管理人 #-[ 編集 ]
ゆるっと戦国管理人さんへ
ゆるっと戦国管理人さん、こんばんは。

拙著を読んでいただき、ありがとうございます。

うーん、残念ながら『戦場の霧』は1巻完結で書いた作品なので続編が書籍ででることはありません。
続編を楽しみにしていただきながら申し訳ございません。

ただいま電子出版を考えて色々と作品を考えたり書いたりしているところです。
『戦場の霧』の短編(ひとつの戦い)もありかなと思います。ですので、ちょっぴり期待を持ちながら、続編(?)をお待ちしていただけたら、と思います。
【2014/07/20 22:53】
URL | 尾山 #5Z3bxbvs[ 編集 ]

PAGE TOP

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://isekoku.blog79.fc2.com/tb.php/188-547225f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

 | h o m e |