10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- | 記事編集

PAGE TOP

織豊期研究会2017年9月 

先月、織豊期研究会に行ってきました。
題材は『大坂夏の陣における落武者狩り、乱妨取りについての再検討』です。発表者は長屋隆幸氏。

合戦屏風図で有名な、大坂城から逃げ出す豊臣方の女性や雑兵を幕府軍の兵が追いかけるシーンです。
大坂城の戦いとなると、合戦前の豊臣・幕府の交渉・決裂、冬と夏の両陣がメインで合戦後の話はさっぱりでした。略奪乱妨の話もせいぜい寺社・村が安全のためにもらう禁制があるってぐらいです。寺社・村と大名権力の関係でとらえていたのですが、よくよく考えるとこれは「軍法の運用」「軍の統制」の話なのですよね。こう考えると興味範囲になります(笑)。

幕府と諸大名の関係は幕府の厳しい統制下にあったと思っていたのですが、意外と戦場での「軍法の運用」に関しては諸大名の自律だったようで、幕府は何度も諸大名に禁止事項を通達していたり、そもそも幕府と諸大名の間で禁止事項の範囲に意識のギャップがあったりと、色々と面白かったです。諸大名は略奪ありき、幕府は禁止したい、とかです。
略奪とは関係ありませんが、真田丸の戦いは抜け駆けでの戦いでありながら家老を呼び出しての口頭注意で済んでいます。
軍功を求めての行為だから許されたのか、反発を恐れて厳しい対応が取れなかったのか、あるいはほかの理由があるのか、ちょっと気になります。
スポンサーサイト
2017.10.06 Fri 01:58
カテゴリ: 講座・講演
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

第5回三国志徒然列伝 諸葛緒 

諸葛緒。
この名前にピンときた人は三国志マニアと言えるでしょう。
蜀の諸葛亮は言うまでもなく、呉の諸葛瑾。その子の諸葛恪、そして魏の諸葛誕は知られています。
しかし、この諸葛緒はまず知られていないと思います。
見た覚えのある方でも、どこだったか?となると思います。
それは鍾会と鄧艾による蜀討伐の際です。
この時、諸葛緒は雍州刺史として兵を率いて蜀討伐に参加しますが、鍾会の讒言によって囚人とされて送り返され、その兵を鍾会に奪われます。しかしながら、鍾会がのちの反乱失敗で諸葛緒の汚名は晴れたのか、晋王朝において出世しています。
では、諸葛緒は蜀討伐だけかと言うと、そうでもありません。
鄧艾伝には、兗州刺史であった鄧艾の配下・泰山太守として登場し、毌丘倹の反乱で戦功をあげています。また鄧艾が鎮西将軍・都督隴右諸軍事として対蜀戦線に赴くと、諸葛緒も雍州刺史として赴任しています。恐らく鄧艾の引き立てなり関係があったのでしょう。鄧艾配下として諸葛緒は対呉戦線・対蜀戦線で地味に活躍していたわけです。
こういった有名人の脇にいる人物が私の好みです。
2017.09.14 Thu 22:15
カテゴリ: 三国志
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

再始動 

3カ月ぶりのブログです。
深く考える出来事がありまして、ブログから遠ざかっていました。
再始動です。
2017.08.21 Mon 23:07
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

佐藤大輔氏の遠行の影響 または老後計画とE計画 

3月下旬の佐藤大輔氏(以下、御大)の遠行の影響は大きかった。

仕事が手につかない、ぼーっとしている、とかは全然ないんです。
ただ北米大陸やカリブ海での日独対決、宇宙大国日本の隕石の軌道迎撃作戦、三州公の突撃、皇国の運命、連邦の旗、その結末を見ることはできない。
新刊続刊をほとんど諦めていたとはいえ、作者が亡くなって100%読むことができなくなるのでは、やはりずっしりとくるものがあります。下手に新刊を4冊残して逝ってしまったとなればなおさらです。
喪失感というか、失望感というか、飢餓感というか。
そうですね、飢餓感が一番しっくりくるのかな。
この餓えを、この渇きをどうすればいいのか、と。
グダグダと書き連ねたいところです。

・・・とまあ、これは御大のファンとしての心情になります。

自主出版を考えてのE計画は、本業のワラジが忙しく手がつかない状況です。
如水後、長宗我部元親のIF物を考えていました。
本能寺の変をちょこちょこいじって、元親vs信長です。しかし、どーもうまくしっくりこない、最初のつかみが掴めませんでした。どうしたものかと考え、いろいろほかのIFを考えたりもしました。
そのうち本業のワラジが忙しくなって手が付かなくなりました。
私にとっての小説とはなんぞや、っと哲学的に考えたり、老後の趣味になるのかー、あるいはほんの少しずつでも書いていくか、なんてものおもいにふけったものです。

そんな時にですよ。
御大の死は。

ブログで書いたかもしれませんが、私が初めて小説に手をつけたのは中学3年の時でした。
田中芳樹氏のアルスラーン戦記の続刊、いつになったら出るんだー、と書店の新刊案内を眺めたものです。今みたいにインターネットでサクッと分かる時代じゃありませんからね。本当良い時代になった(齢の流れ・・・)。
そんな時に同級生(彼はロードス島戦記が好きでした)と小説書くか―、って話になり、書いたのが始まりです。

御大の続刊は望めません。
ならば、自分の手で餓えを満たし、渇きを癒すしかありません。
中学3年の時の自分と同じように。

なにより御大は52才で逝ってしまいました。
そこで考えてしまうのは、自分が52才までに何が書けるのか、どれだけ書けるのか、ってことです。

気張りたいと思います。
2017.05.11 Thu 20:44
カテゴリ: 雑記
comment(0) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

さよなら青春 

訃報を知る。

佐藤大輔氏を知ったのは、レッドサンブラッククロスの1巻でした。
名前の格好よさ、太平洋戦争とは違う架空世界の日独決戦。氏の作品にのめりこみました。
皇国の1巻2巻同時刊行にはとても興奮したのを覚えています。
ノベルズの帯にある来月刊行案内に、続刊があるかどうかを調べて、
なければ落胆し、あれば待ち遠しくしていました。

新刊がでなくなり、文庫化ばかりで新刊を諦めていました。
でも、今月の文庫本に新刊案内があって嬉しく思っていました。


ご冥福をお祈ります。
今日ばかりは飲めない酒を飲みたい。

さよなら大ちゃん。


2017.03.26 Sun 19:59
カテゴリ: 雑記
comment(2) | trackback(0) | 記事編集

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。